インドネシアも、将来的に生産量が増えることがあればOPECへの復帰を考えるとしています。そのため、新規探鉱という自助努力だけでなく、既存の油田に対する日本からの技術導入は国益を確保する上で極めて重要です。

 日本とベトナムで油田への二酸化炭素注入技術を成功裏に完成できれば、可採埋蔵量の増加に加えて地球環境の保護にも貢献できるだけに、大きな期待を持って見ているようです。

メインメニュー

石炭と石油一覧

携帯サイト