原油の生産と輸出を主に行うペトロベトナムと並んで、国民向けの燃料油供給を担当するのが、ガソリン灯油総公社です。

 ペトロベトナムは政府100%出資の公団組織で、社会主義国家の外貨獲得を最前線で担う以上、今後も枠組みを変えるつもりはないといいます。しかし、ガソリン灯油総公社は今年、民間資本の一部導入を認める企業改革が行われることになりました。

メインメニュー

石炭と石油一覧

携帯サイト