さらに、トヨタ自動車はグループに取り込んだSUBARU(富士重工)とマツダにも、ハイブリッドEVの基幹プラットフォームを供給する予定だといいます。

 SUBARUはレガシィの次期モデルにハイブリッドEVを設定する構想を持っており、SUBARUの専売特許、ボクサー(水平対向)エンジンとの組み合わせがカーマニアの間でにわかに注目されていますが、これを実現させるにも、ジスプロシウムの安定的な調達は危急の課題です。

メインメニュー

石炭と石油一覧

携帯サイト