JITCOの外国人労働研修制度は、最長で3年間の日本在留が可能。

 1年目は座学中心の研修期間で、いわば修行期間。実際に働くのは2・3年目の2年間です。研修終了後は本国に帰国し、第2次産業を中心に、指導的な技術者となることを期待されます。中には研修途中で脱走し、オーバーステイをしてでもとことんまで日本で稼ぐという悪い奴もいますが、多くは3年で帰国し、ベトナムでも成果を出し始めています。