派遣や日系ブラジル人と、ベトナム人研修生の間に賃金格差があるらしく、時給換算で50%の休日出勤手当を出してでも、ベトナム人にやらせた方が日本人よりも安くつく、というのが理由のようでした。

 ベトナム人は残業や休日出勤を勤勉にこなし、研修期間中の逃亡率も低いと、当時の派遣先の上司は述べています。これに対し、中国人研修生はベトナム人とは正反対だとして、中国からの研修生受け入れには消極的な態度を取っていました。