一方で、日本人の非正規雇用、特に派遣の連中にやる気の感じられない人が多いとも、この上司は述べています。

 リーマンショック後の2009年3月、ふくちゃんは一時帰国をし、雇用情勢が悪かったにもかかわらず、東京都内の日雇派遣の会社で見事、採用を勝ち得ます。派遣が低迷しているのになぜ、ふくちゃんは採用されたのでしょう? 「ここなら間違いなく雇ってくれる、という安心感だけで来る人が多く困る。そういうのに限ってやる気が感じられない」と、面接をした所長氏が述べていました。