ところが、研修生が途中で逃亡して、土木作業など本来外国人が就けない職種に不法就労することもあります。

 もちろん、研修先から逃亡した時点で在留資格を失っているので、逮捕されれば強制送還、5年間の日本再入国禁止というリスクも付きます。それでも逃亡した元研修生が単純労働職種を目指すのは、何より研修中と比べて高い(日本人と同等の)賃金を得られるという一点に尽きます。