実際には、ラオスのサワンナケットで積み替えをして、2台の車でバンコクとハノイをつなぎます。

 バンコクから来るタイのトラックは、サワンナケットの第二友好橋東詰(ラオス側出入国審査場の横)にある保税地区でハノイから来るベトナムのトラックにコンテナを積み替えるのです。ベトナムとラオスが左ハンドルなのに対し、タイが右ハンドルの国であることが、これまで両国間の陸路による直通貨物輸送を阻んできた一つの理由でした。