しかし、機関車の性能は低いものでした。

 同じ時期にタイ国鉄がフランスから調達した「ALS4100形」は、最高時速90kmまで出すことができましたが、ベトナムに入った機関車は70km程度しか出せず、現在では常時50km以下の速度で運転することが多くなっています。ですから、ハノイとホーチミンシティを最速で結ぶ「統一鉄路SE1/2列車」でも、時刻表上のダイヤで29時間30分、車中2泊を要します。表定時速は52km。他の列車では30時間以上を要し、表定時速50kmを切ってしまうのです。

メインメニュー

ベトナムの新幹線計画一覧

携帯サイト