1989年から90年にかけ、ベトナム航空は重要な転機を迎えます。中国が民間航空部門を再編し、中国民航(CA)が解体されて現在の中国国際航空(CA)、中国東方航空(MU)、中国南方航空(CZ)となったのを模範に、ベトナム航空は政府組織から切り離されて公社組織へと衣替えを図ります。現在に続くベトナム航空の、法人としてのスタートでした。そこから4年をかけて、ベトナム航空は公社組織のナショナルフラッグキャリアに生まれ変わります。

メインメニュー

ベトナム航空史一覧

携帯サイト