ということは、途中の経由地、台北や香港でエアベトナム便に乗り換えてサイゴンに着いた、というのはあり得ます。

 ところが、当時から福岡空港に乗り入れていた国際航空会社は非常に少ない。チャイナエアラインが福岡線を開設するのは、泰造氏の死後3年経った1976年。タイ国際航空に至っては、1992年。1973年当時は、キャセイパシフィックしかありませんでした。

メインメニュー

ベトナム航空史一覧

携帯サイト